これまでは看護師といえば夜勤があったり残業が多いなど、プライベートと仕事の両立が難しいというイメージが強い職業でした。
しかし、最近では「ワークライフバランス」という言葉をキーワードに、各施設で様々な取り組みが行われています。

例えば、育児短時間勤務(育短)や院内保育園といったものが挙げられます。
育短では通常の勤務時間より30分程早く仕事をあがることができます。
30分というと短い時間のように思いますが「育児のために早くあがる」という大義名分があるのは心強いですよね。
育短をされている方に対しては、他のスタッフが早く仕事が終わるようにサポートしてくれる施設も多いです。

しかし、どんなに育児と仕事の両立のための仕組みを作っても現場での協力が得られなければ、働きながら子育てをするのは難しいのが現実です。
そこで、昨今ではこういった仕組みだけではなく、職場内で「お互いに早く仕事を終わらせるよう声をかけ合う」といった動きが活発になりつつあります。
看護師は患者さんの急変や急患により、予定通りの動きができなくなることも多々あります。

育児と仕事を両立するためには職場の雰囲気やママさん看護師が実際にどのような働き方をしているのかを確認するなど、事前の情報収集が大切になります。
長く勤務しているママさん看護師が多い職場であれば、お子さんの急な発熱があっても理解を得やすく、早退が必要な場合などにも柔軟に対応してもらえる可能性が高いといえます。
転職の際は遠慮せずにこういったことも思い切って訊ねてみるといいでしょう。